PLUTO CYCLE

星と自転車

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
 最近は素敵なサイトさまを読みあさる毎日です。お久しぶりです。
いやあ、ほんとうに素敵なサイトさんばかりですね…!
よし、わたしもがんばります。
| 03:47 | days | - | trackbacks(0) |
 お久しぶりでびっくりです。

ちょっとだけ更新しました。
前に書いていたものだから、もしかしたら前のサイトとかでアップしていたのかな?
よくわからないですが、読んでいただけたら幸いです。

久しぶりにこう、自分の書いた文章を読んでいるとですね、
自画自賛じゃないですけど、まあなかなかその時の考えが反映されていて面白いですね。
やっぱり過去からまどろっこしい感情を持ち合わせていたんだなあと思いました。

これからちょこちょこ書いてみようかな。
無事3年生になり、時間も空くと思うので。

あ、しゅーかつしなきゃ

| 15:02 | - | comments(20) | trackbacks(0) |
 お久しぶりです。本当にお久しぶりです。
 サイト、実質的な更新は一年ぶりなんですね。すごく驚きました。更新の仕方も忘れてしまうほどでした。
 ここから、また一からのスタートを図りたいと思います。


 最近のわたしは、そうですね、大切な人ができました。
 その人に肯定されることがひどく心地よいです。

 それ以外だと、サークルに授業にバイトに忙しい毎日を送っています。
 最近だとレース編みにはまってしまい、困ったものです。

 毎日、楽しいです。
 だけど、苦しいことだっていっぱいです。

 怒ることは面倒なことだけど、腫れもの扱いされるのは違うと思う。


 もう、どうしようもないですね。
 シンプルに生きたいです。

 これからもよろしくおねがいします。
| 11:50 | days | comments(0) | trackbacks(0) |
なんですか、この放置プレー。
もう2月です。こんばんは、忘れられていても当然だと思っています。

いやはや、この数カ月、いろいろなことがありました。
なんかね、疲れるよね。つかれるのに結局なにも得ていない自分にこれまた疲れちゃうんですよね。

久しぶりにゆめしょうせつサイトさんめぐりをしました。
やっぱり、そういうのを読むと、自分の文章能力の下手っぷりを実感します。
こういうところで、わたしはへこみます。
大学でレポート書くよりもへこみます。

つまり、わたしが書きたい文章は、人を楽しませる文章なんだなあって思います。そういうものを求めているから、こういうことで歯がゆい思いをするんでしょうね。

この数カ月…いろいろなことがありました。
ある人物と恋愛をして、でもそれはきっと恋愛なんていえるものではなくって、単なるわたしの片思いであって、というか、ひとりよがりな思いだったんです。
わたしは、都合のいい女だったんです。最初からわかっていました。騙されてなんかいなかったけど、それでいい振りをしてました。
うーん、うまくいえないけど、わたしにとって、その出来事はまだ過去じゃないです。
なのに、過去にされちゃってるんだとおもうと、やっぱり苦しいです。
そういう、また面倒な恋愛をしています。
ばっかみたーい。

人間関係も、すごく面倒で。
なんだか、億劫です。

そんな感じです。
たいせつなものがなにかわからないので、なにを切り捨てたらいいのかがわかんない毎日です。

だけど、あがいてます。
また、更新します。
| 02:17 | days | comments(0) | trackbacks(0) |
もう11月ですか。お話更新出来てなくてすみません。リアルが忙しいってこういうことを言うんだってくらいのスピードで毎日が流れていきます。

あー、うん。現実世界が面倒なことになってきました。
サークルの先輩にいろいろ言われ、同輩にもいろいろ言われ、なんかつらくなっちゃった。だけどがんばるって決めたからがんばるんだけど……

うーん、でも充実してるんでしょうね。
よし、明日も生きます。
| 16:34 | days | comments(0) | trackbacks(0) |
死んでないです。毎日生きてます。

おひさしぶりですね、ってほんとに毎回言ってますね。
最近は寝て起きてバイトしての繰り返しですね。それなりに遊んだりもしてますが、別に実になることはしてない気がします。今はサークルの脚本ネタ探しにうろうろしています。こわいこわい。

明日も明後日もこんな日々が続いたら退屈なんでしょうね。
毎日そんなことを思っています。
| 12:40 | days | comments(0) | trackbacks(0) |
3日ほど前に、蹴りをつけてきました。
しっかり自分の気持ちを話して、しっかり振られてきました。
向こうもやっぱりわかっていて、「俺とお前が付き合っても、絶対上手くいかないよ」と言われました。それにわたしは「わかってる」と言いました。

わたしとあの人の関係は、恋愛なんて言えるような甘いものじゃなかった。醜くて、依存してて、でもわたしの中ではすごく純粋なものだった。
会えば、わたしは彼を必要としてしまう。
彼がそうでないとしても、わたしは必要としてしまう。

こんなことここに書いて、リアルの友達に軽蔑されてしまうことは怖いけど……その時だけ好きになって、って言いました。なにがあったのか、直接的な言葉で言うのははばかれるようなことをしました。可愛いものじゃなかったです。
すごく切なかった。でも、これをきっかけにして、終わらせようと思いました。
相手には彼女がいます。
それをすべてなくしてわたしのところに来て、なんて言えなかった。

わたしと一緒にいたら、うまくいきっこないよ。それは明白だ。
だから、あんたを幸せにすることなんかできないよ。
お互い傷付けあうことしかできないんだ。

だから、今だけ好きになって、って言いました。
別に、わたしから誘ったわけじゃないけど。

わたしたちは中学生のころからこんなことばっかでした。
一緒にいたら、くっつきたくなってしまう。お互いのことしか考えられないんだ。だけどそれは自分のことも考えてしまうんだ。結局好きで、どうしようもなくて、辛くて、切なくて。そんなことをずっと繰り返してきました。変な中学生です。今もそれは変わらないです。わたしたちは変な関係です。

不安定な時期に、ずっとそばにいてくれたから。なんて理由をつけることは簡単。
だけど、そういうことじゃなくって。でもそういうことなのかもしれないし。
わたしは彼をずっと忘れることはできないんだと思って、苦しくなった。切なくなった。あのときだけは、わたしだけのことを考えていてくれたのかな。

利用されてるってわかってても、あの時だけはかまわなかった。
だから、あれで終わりにしようって思った。
結局、あの人を忘れることなんかできないのに。

携帯のアドレス帳から名前を消したってなにも変わらない。
普通になんか戻れるわけないじゃないか。そんなこと求めないでよ。わたしはあんたじゃなきゃだめだった思わされるだけじゃないか。今さら友達なんて綺麗な関係になれるわけないってこと、あんただってわかってるだろう。

意地張ってつっぱねて、喧嘩になって。本音を言って、本音を言われて、おたがいの嫌な所がわかる。自分の汚い所だって見える。
それでも好きだなんて、ばかみたいってわかってるよ。

いつもわたしだけだ。そんなこと言いたくないし、なに悲劇を気取ってんだって思うけど、でもそうだ。わたしばっかりくるしい。いつも、いつも。わたしが考えてることをひっくりかえされて、わたしが悩んでることなんてばからしいって言われる。
いつもわたしだけだ。あんたがいなきゃだめなのは、本当はわたしだけだ。

あんたは、わたしがいなくたって大丈夫なのに。
わたしは、結局、あんたがいないとだめだ。
忘れようと思っても、忘れられない。どこにだってあんたがいる。

記憶から消えてくれればいいのに。
なにもかもを忘れたい。忘れさせてくれよ、一緒に傷付き合えないのなら。慰め合えないのならば。共有できないのであれば。
| 15:10 | days | comments(0) | trackbacks(0) |
逃げないと決めた。
過去に決断した結論とは違うけど、これならばもう後悔しないとわかった。

わたしは、面倒なこともあんたとだったら別にいいよ。

そう思えたんだ。
その結果、辛い思いだってするはずだけど、他人に責任なすりつけて自分が行動できないことに言い訳する方がよっぽど惨めだ。それは結果として相手のためにならない。相手のためを思う振りをして相手のことを考えちゃいないんだ。

本当に相手のことを思うなら、気持ちをちゃんと伝えなきゃだめだ。

繰り返してるから、わたしは先に進めない。
だから、ちゃんと言わなきゃ。言い訳しないでちゃんと自分の気持ちを。
| 17:51 | memo | comments(0) | trackbacks(0) |
なにがしたいんだ自分よ。

昨日、友人と元カレでごはんを食べてきました。いやそれは別にいいんだ。だけど、元カレに会えば会う度に、わたしはこの人じゃなきゃだめなのかもしれないと思ってしまうんだ。だけど相手はそんなことなくって、相手はわたしがそういう風に思ってることなんか考えてもなくて。
いっつもわたしだけだ。
でも実際はそんなことはない。彼だって苦しんでたはず。なのに、わたしは彼の現状の幸せが悔しくてたまらない。いいなあって羨んでいる。

意地が悪い女だ。
会えば好きになってしまう。そう思ったわたしの判断は間違っちゃいなかった。会ったら、この人がわたしにとってどれだけ大切なのかを実感するだけだ。そして、この人はわたしをもう必要としちゃいないと実感するだけだ。

泣き叫んでどうにかなるならそうしたいさ。
だけど、どうにかなるわけじゃないから苦しくて悲しくて、うつむいて涙をこらえるしかないんだ。

もう、昨日のようにわたしの涙を吹いてくれる彼はいないのだから。


悲しくてたまんないよ。
胸が痛い。

この人と恋愛するのはしんどいだけなんだから、やめとけばいいのになあ!
| 09:01 | memo | comments(0) | trackbacks(0) |
嘘を付くのは嫌いだ。
だけど、つかざるを得ないときもあるじゃない。

大学の友人を大切にしようという気がわたしには足りないのかもしれない。
中学や高校の友人が大切。滅私してまで尽くす価値がある。だから嘘は付かない。

だけど、大学の人は、まだ自分を押し殺してまで付き合う価値があるのかわからない。子どもの頃はばかだから、騙されてもいいやって思ったんだけどさ、今はそんな風には思えない。

わたしはあざとく、ずるく、かわいくない大人になった。演技をして、嘘を吐く。

吐き気が、する。
| 13:58 | memo | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>